木管五重奏とは?

編成は?

一般的な編成はフルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットです。

19世紀ごろに確立した編成のようで、曲によってはオーボエ、クラリネットがそれぞれコールアングレ、バスクラリネットに持ち替えたりします。ロマン派以前の楽曲ではクラリネットがin B♭ではない in Cや in Aだったり、ホルンが in C, D, Es, E, G, Aと通常使用されるin F 以外の調で楽譜が書かれているものが多くあります。

※in Cで書かれた楽譜は通常の楽譜と同じです。記譜のドは実音のドになります。例えば、in Fであれば記譜のドが実音のファの音になります。

特徴は?

5つの異なる音色を持つ楽器のアンサンブルが特徴で、合わせることが大変難しいとされています。しかしながら、木管五重奏では同族同士のアンサンブルにはない多彩な雰囲気とハーモニーを奏でることができます。