サーガラ木管五重奏団について

これまで

2013年、東京大学フィルハーモニー管弦楽団の当時の団員によって、東京大学フィルハーモニー木管五重奏団として結成された。2015年よりサーガラ木管五重奏団として活動を開始。サーガラとはサンスクリット語で「洋」を意味する言葉である。我々は広く深い音楽の大洋と音楽監督である濱本広洋氏に思いを込めた。これまでにホルストやライヒャの木管五重奏曲の他、ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」、モーツァルトの交響曲第40番やベートーベンの弦楽四重奏曲op. 18 no. 4の木管五重奏編曲版なども取り上げている。現在、ライヒャ木管五重奏曲のツィクルスを活動の軸としている。濱本広洋氏は東京大学フィルハーモニー管弦楽団を指揮する他、オペラや劇団四季などの公演の指揮者としても幅広く活躍している。

演奏の様子

レパートリー

これまでに木管五重奏曲の父として知られるA. Reicha(ライヒャ)の作品を中心に演奏しています。最近では木管五重奏曲以外のP. Hindemith(ヒンデミット)の八重奏曲やL. v. Beethoven(ベートーベン)の七重奏曲などを東京大学フィルハーモニー弦楽四重奏団と共演し、演奏しています。木管五重奏曲も幅を広げ始め、G. Holst(ホルスト)の木管五重奏曲やW. A. Motzart(モーツァルト)の交響曲第40番などの編曲ものも演奏しています。