木管五重奏曲とは?

木管五重奏曲とは?

木管五重奏曲とは?

主に木管楽器からなる五重奏曲のことです

編成は?

一般的な編成はフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンからなるものです

f:id:saagara-windquintet:20170626185035g:plain

ホルンだけ金管楽器・・・不思議だなあ

→サーガラにおける解釈を記事にしました。

19世紀頃に確立した編成のようです

曲によってはオーボエがコールアングレに持ち替えたり、クラリネットやホルンの調整が複数にまたがったりして in A とか in C などその他いろいろありますが、現代で主に使われる in B(クラリネット), in F/B(ホルン) 以外のものがたくさん出てきます。

特徴は?

5本の楽器が全て異なる音色を持つことが特徴です

合わせることが大変難しいとされていますが、多彩な響きを持ち

大変美しいです

お役立ち情報カテゴリの最新記事